毎日が記念日

季節や記念日についてのサイトです

SPONSORED LINK

 

7月のイベント・行事

日本三大祭りはどこ?それぞれの開催場所を教えます♪

2018/01/15


 

夏の楽しみの1つは「お祭り」♪

屋台があったり、花火があったりとなんだかワクワクドキドキしますよね(^^)

 

祭

 

全国様々な地域でお祭りが行われていますが、日本三大祭りがどれか知ってますか?

今回は、お祭りの多い日本で3本の指に入るお祭りをご紹介します\(^o^)/

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

日本三大祭りとは?

 

このお祭りが多い日本で3本の指に入る大きなお祭りが日本三大祭りとなりますが、実はいつ誰がそう決めたのか分かっていません…(´-ω-`)

 

しかし、「大規模」「歴史」「文化価値」という観点から、

  • 祇園祭(京都府)
  • 天神祭(大阪府)
  • 神田祭(東京都)

が日本三大祭りと呼ばれます。

 

人によっては3つ目は「ねぶた祭り(青森県)」と言う人もいれば、「博多どんたく(福岡県)」、「長崎くんち(長崎県)」と言う人もいます...

 

しかし、明治の日本3大都市が東京都・大阪府・京都府だったのを考えると、3つ目は神田祭という説が有力だと思います(^^)

Wikipediaでも、日本三大祭りは祇園祭・天神祭・神田祭ですしね♪

 

 

祇園祭(京都府・八坂神社)

 

祇園祭は、平安時代前期の869年に京都をはじめ全国に疫病が流行した際、疫病退散や無病息災を祈願した御霊会(ごりょうえ)が起源とされています。

 

約1100年も前から続いてるお祭りなんですねΣ(・ω・ノ)ノ

 

この厄疫は、牛頭天王(こずてんのう)の祟りであると言われ、当時の国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、牛頭天王を祀りました。

そして、牛頭天王を主祭神とする八阪神社に神輿(みこし)を3基贈り疫病退散を祈願しました。

鉾は華麗で規模も大きくなり、現在のような山鉾に形を変わっていきました。

 

祇園祭

 

基本情報

開催日:毎年7月1日〜7月31日(1ヶ月間)

開催場所:京都市八阪神社周辺

見どころ:祇園祭の見どころはたくさんありますが、出店が出るのは7月15日・16日の2日間です(18:00〜歩行者天国)

問合せ先:八阪神社(075-561-6155)

祇園祭HP:https://www.kyokanko.or.jp/gion/

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

天神祭(大阪府・大阪天満宮)

 

大阪天満宮が創祀(そうし)されたのは、平安時代後期の949年のことです。

 

その当時、都では落雷や疫病の流行など天変地異が続いていました…

これは配所で非業の死を遂げられた菅原道真(すがわらのみちざね)公の怨霊に違いない!と考えた人々は、その霊を鎮めるために「天満大自在天神」としてお祀りしたとされています。

 

その翌々年951年から、大川(旧淀川)に神鉾を流し、流れ着いた場所にその年の御旅所を設けるという鉾流神事が始まりました。

御旅所とは、神様をお迎えして休憩してもらう場所です。

 

この時に船を作って奉納したのが天神祭の起源だと言われています(^^)

 

天神祭

 

基本情報

開催日:毎年7月24日・25日(2日間)

開催場所:大阪市大阪天満宮周辺

見どころ:25日奉納花火(19:00前後スタート)

問合せ先:大阪天満宮(06-6353-0025)

天神祭HP:http://www.tenjinmatsuri.com/

 

 

神田祭(東京都・神田神社)

 

神田祭の起源は、記録が今ほとんど残っておらず詳細は不明です…

日本三大祭りの中で曖昧なのはここら辺が関係してるかと(´-ω-`)

 

お祭りとして大きく行われるようになったのは江戸時代以降ですが、神田神社は奈良時代前期の730年に創祀され、同時期にお祭りも始まったとされています。

記録が残っていれば三大祭りの中で1番古くから行われているお祭りですね!

 

1600年、徳川家康が会津討伐と関ヶ原の戦いへ挑む際に神田神社で戦勝の祈願を行いました。

そして関ヶ原の戦い開戦後、わずか半日で徳川軍が勝利したのです!

この日は9月15日で神田神社の祭礼祭(神田祭)の日でもあったため、縁起の良い祭礼として以後絶やすことの無いようにと命じられました。

ここから大きなお祭りへと発展していきます(^^)

1670〜1680年頃までは毎年開催されていましたが、その後山王祭と交互に開催されるようになり、戦後9月から5月へ日程も変わりました。

 

神田祭は奇数年に行われるので2018年は陰祭(かげまつり)とされ、行われるイベントや神事は非常に限られたものになります!

 

神田祭

 

基本情報

開催日:5月中旬(2018年は陰祭のため5月14日15日のみ)

開催場所:東京都神田神社周辺

見どころ:神田祭が行われる際は3日目に行われる神幸祭

問合せ先:神田神社(03-3254-0753)

2017年神田祭HP:http://www.kandamyoujin.or.jp/kandamatsuri/

 

 

《まとめ》

 

いかがでしたか?

 

国様々な地域でお祭りが行われますが、日本三大祭りは

  • 祇園祭(京都府)
  • 天神祭(大阪府)
  • 神田祭(東京都)

です。

それぞれ古くから歴史や起源があります(^^)

 

神田祭は2年に2度なので次は2019年ですが、祇園祭・天神祭は毎年開催されます。

京都・大阪それぞれの夏の風物詩ですよね♪

 

近くに住んでいるので毎年行くという人も歴史を知った上で行くとまた色々感じ方が違うと思います。

人がとても多いですが、せっかくなのでその時期に合わせて京都・大阪に訪れてもいいですよね。

今年の夏も是非楽しんで下さいね(^^)

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事がよかったら、シェアして頂けると嬉しいです(^^)


-7月のイベント・行事