毎日が記念日

季節や記念日についてのサイトです

SPONSORED LINK

 

冠婚葬祭にまつわるお金・マナー

《男性》結婚式に招待された時の服装やマナーについて

2017/02/13

 

結婚式の招待を受けると「どんな服装で行ったらいいのか?」と悩んでしまいませんか?

女性はネットで探したら色々出てきますが、男性は…?

せっかくのお祝いの場なので、失礼のない服装で行きたいのですがなかなか情報が見当たりません(´-ω-`)

 

男性 結婚式 服装

 

新郎新婦をお祝いするためにも、誰が見ても納得してもらえる服装で出席するのがマナーです!

どんな服装だったらマナー違反ではないのか?

今回は、男性ゲストが結婚式に着ていく服装についてまとめてみました(^^)

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

何を着ていけばいいの?

 

まず、何を着て行ったらいいのか?というところですが、マイナビニュースによるインターネット調査では47%スーツ、30%タキシード、11%礼服、11%ジャケット+ジーパン、1%着物で参加しているという結果でした!

 

ジャケット+ジーパンってΣ(・ω・ノ)ノ

やはり、スーツが多いですね!

 

服装には正礼装・準礼装・略礼装の3つがあり、男性の場合は

正礼装:昼の結婚式はモーニング、夜は燕尾服

準礼装:昼の結婚式はディレクターズスーツ、夜はタキシード

略礼装:昼夜問わずブラックスーツ・ダークカラースーツ

になります。

 

結婚式の場合は、準礼装・略礼装でまとめるのが一般的です(^^)

結婚式の招待状に書かれている「平服」とは、普段着の事ではなく略礼装のことを指しているので、ジャケット+ジーパンは避けた方がいいでしょう。

男性はどうしてもダークな色合いになってしまうので、シャツやネクタイなどをアレンジして華やかさを出すのがオススメです♪

 

 

結婚式での服装マナー

 

結婚式に招待された時の服装として、最も選ばれているスーツですが、どのようなデザインのものでもいいという訳ではありません…

また、スーツに合わせるシャツやネクタイも何を選んだらいいのか悩んでしまいますよね(´-ω-`)

 

そんな服装についてのマナーをご紹介します!

 

スーツ

スーツは基本的に黒とされていますが、グレーやネイビー、派手にになりすぎないストライプのものでもOKです(^^)

フォーマルな場ということで、スリーピース(ジャケット・ベスト・スラックスの3点セット)を選ぶ人が多いです♪

ネイビーのスリーピースは特に人気です!

 

シャツ

結婚式では白の襟付きシャツが基本となります。

しかし、20〜30代前半の若いゲストであれば、薄い黄色や水色などのパステルカラーシャツでもOKです(^^)

ボタンダウンのシャツはカジュアルウェディングなら良いですが、フォーマルの場合は避けた方がいいでしょう。

 

ネクタイ

ネクタイも結婚式では白色がマナーです!

ただ最近ではパステルカラーのネクタイや蝶ネクタイもOKとされてます(^^)

派手過ぎなければ問題ありません。

 

ポケットチーフ

いつものスーツでもポケットチーフをプラスするとグッと華やかになりフォーマルの場にピッタリになります。

ネクタイとセットのものや同系色選ぶと普段ポケットチーフを使わない人でもうまく使いこなすことができますよ(^^)

 

フォーマルでは、「スリーピークス」という折り方がオススメです♪

折り方はこちらの動画を参考にして下さい!

 

靴・靴下

靴は黒の革靴かエナメル素材で紐付きのシンプルなデザインのものを履きましょう!

「ストレートチップ」「プレーントゥ」を選ぶのが一般的です(^^)

 

靴下は、靴の色と合わせて黒の無地を選びましょう!

くるぶしが見えないものがマナーです♪

 

バッグ

手ぶらで来ている人もいますが、ポケットに全て詰め込むのはスーツのシルエットが崩れて不格好ですし、マナー違反になります。

セカンドバッグと聞くとおじさんのイメージがありますが、最近ではオシャレなものもあるので1つ持っておくと重宝します(^^)

黒やネイビーがいいでしょう!

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

結婚式では避けたいNG服装

 

結婚式などのフォーマルな場にはNGなものもあります!

事前に確認して、失礼のないようにしましょう(^^)

 

スーツ:白やシルバー

白やシルバーなどの白系スーツ派手な色や柄のスーツはNGです!

やはり白色は新郎新婦の特権です。

あくまで主役は新郎新婦なので、かぶる色はやめましょう!

 

シャツ:派手な色や柄

派手な色や柄、カジュアルすぎるシャツはNGです!

色も柄も控え目なものを選びましょう。

 

シャツ:半袖

夏場でも半袖のシャツはカジュアルになるためNGです!

ジャケットを脱がなければいいか!と思いがちですが、暑いとジャケットを脱ぐ機会が多いんですよね…

脱げないからとジャケットを着てる方が暑いので、ちゃんと長袖のシャツを着て行った方がいいでしょう。

 

ネクタイ:黒やネイビーなどの濃い色

黒は不幸をイメージする色ですので、やめておきましょう。

お葬式を連想してしまいますよね…

またネイビーなどの濃い色も黒と見間違えられるので避けた方が無難です。

 

靴:クロコダイルの型押しやスエード

フェイクであっても、フォーマルの場において殺生を連想させるものは相応しくありません…

 

バッグ:動物の革のバッグ

靴と同じ理由でアニマル柄やクロコダイルの型押しなどは殺生を連想させるのでNG!

布やビニール素材もカジュアルなので避けましょう。

 

その他:髪型

女性は結婚式の時にヘアセットしに行きますが、男性はそんなことありませんよね。

しかし、ボサボサではいけません…

女性と同じく「きちんと感」を出すことが大事です(^^)

きちんと整えて清潔感のある髪型で結婚式に出席しましょう!

 

その他:身だしなみ

たとえ学通りの服装だっても、身だしなみが整っていなければ全て台無しになってしまいます(´-ω-`)

爪やヒゲの手入れはもちろん、靴がきれいに磨かれているか、スーツやシャツにシワがないかなど身だしなみも整えましょう!

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

当日持っておくと便利なもの

 

結婚式って何を持っていったらいいのかいまいちわからない…(´-ω-`)

特に必要なものもないし…と思いますが、きちんとセカンドバッグを持参しましょう!

 

□ ご祝儀&袱紗(ふくさ)

セカンドバックを持参する1番の理由は、ご祝儀袋が折れたり汚れてしまわないためです。

そして、バッグにそのままご祝儀袋を入れると汚れる場合があるので、袱紗またはハンカチで包むのがいいでしょう!

 

□ ハンカチ・ティッシュ

男性は結婚式で泣かないしと用意してない人も多いと思いますが、身だしなみとして用意しておきましょう。

意外に感動してしまうこともあるかもしれませんよ?

隣の女性が泣いているところにサッと出すとカッコイイですしね!

 

ハンカチは綿かシルクの白いハンカチがベストです♪

涙で使わなくても、汗をかいて使う場合もありますよ!

 

□ 携帯電話・スマートフォン

今は写真を撮るとなったら、携帯電話スマートフォンですよね!

久しぶりの再会で連絡先を交換することもありますよ(^^)

 

□ 財布

結婚式は特にお金を使う場面はないかもしれませんが、ちょっと時間が空いた時にみんなでお茶を飲みに行こうとなるかもしれません。

タクシーで移動しようとなるかも。

そんな時にお財布を持ってきてないとなると恥ずかしいですよね…(-_-;)

スーツのポケットに入れても膨れない、薄手のものがいいでしょう!

 

□ 招待状

招待状には、開始時間から会場までの地図などあらゆる情報が載っています!

持っていく方が色々と役に立ちますよ(^^)

 

□ ポータブルバッテリー

たくさん記念を残そうと写真や動画を撮っていると充電が切れてしまったということも〣( ºΔº )〣

ポータブルバッテリーを持っていくと、残りの電池を気にせずに済みますよ!

 

 

《まとめ》

 

いかがでしたか?

結婚式に招待されたと悩んでしまう服装ですが、どのような服装や小物を選んだらいいのか?何がNGなのか?分かりましたか?

 

スーツ:グレーやネイビー、派手にになりすぎないストライプのスーツ

シャツ:基本は白の襟付きシャツ(30代前半までであればパステルカラーシャツでも可)

ネクタイ:基本は白、パステルカラーでも可

ポケットチーフ:基本は白だがネクタイと合わせると良い

靴・靴下:黒の革靴かエナメル素材で紐付きのシンプルなデザインのもの

バッグ:黒やネイビーのセカンドバック

 

しっかりマナーのを守って、心から新郎新婦の新たな門出をお祝いしてあげて下さいね(^^)

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事がよかったら、シェアして頂けると嬉しいです(^^)

-冠婚葬祭にまつわるお金・マナー