毎日が記念日

季節や記念日についてのサイトです

SPONSORED LINK

 

ホワイトデーのお返し・由来

ホワイトデーの由来!お返しはどうしたらいいの?

2017/11/05


 

3月14日はホワイトデーですね!

ドキドキして渡したバレンタインデーのお返しになります(^^)

 

男性はバレンタインデーにチョコをもらってからお返しをどうしようか頭を悩ませているのではないでしょうか?

 

ホワイトデーにお返しとして人気なのはお菓子です! お菓子業界の作略にまんまとハマってますね…笑 その中でもよく選ばれるのは、マシュマロ・クッキー・キャンディーでは無いでしょうか? しかし、贈るプレゼントにも意味があるようにお菓子にも意味があるって知ってましたか? もしこの意味を知らずに贈ってしまうと、大変なことになってしまいます〣( ºΔº )〣 しっかりチェックしましょう! マシュマロ:あなたが嫌いです クッキー:友達でいて下さい キャンディー:あなたが好きです 知らなかったー! ホワイトデー=マシュマロと思ってた… だって白いし← 他のお菓子の意味や詳しく知りたい人はこちらをどうぞ♪ 義理チョコにはクッキーでお返しするのがいいでしょうね(^^)

 

しかし、

ホワイトデーとはそもそもどんな日なのか?

何をお返しで送ったらいいのか?

わからないことがいっぱいです(-_-;)

 

今回は、そんなホワイトデーについてお話ししようと思います♪

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

ホワイトデーとは?

 

ホワイトデーとは、バレンタインデーのお返しをするアンサーデーとして20年程前に日本で作られた風習なんです!

 

日本でバレンタインデーが定着するにしたがって、バレンタインデーのおかげでチョコレート会社が売り上げがグングン伸びていきました!

それをみて「チョコレート会社だけ儲けさせるわけにはいかない!我々も参加して売り上げを伸ばそう!」とバレンタインデーのお返しをする日を作ってはどうか?という案が出されたのです。

これを受けてお菓子業界では、昭和40年代に入ってから個々に独自の日を定めて、ビスケット・マシュマロ・キャンディーなどを「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになりました。

 

え!商業目的Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

ホワイトデーの由来

 

バレンタインデーのアンサーデーとして作られたホワイトデーですが、 そもそもバレンタインデーとはどんな日なのでしょうか?

 

バレンタインデーとは、キリスト教聖職者であるウァレンティヌスが殉職した日なんです〣( ºΔº )〣

ローマ帝国時代、士気が下がるとして兵士が結婚することが禁止されていました。

愛する人と結ばれないことに嘆き悲しむ兵士たちを見て、かわいそうに思ったウァレンティヌスは内緒で結婚式行っていました。

しかし、それが皇帝の耳に入ってしまい処刑されてしまうのです…

この処刑された日が2月14日でした。

 

バレンタインデーについてはこちらを参考にして下さい(^^)

バレンタインデーの由来!なぜチョコを贈るの?

 

ホワイトデーはお菓子業界が商売繁盛のために作られたイベントなので、このような歴史的を重みのある由来の出来事ありません(´-ω-`)

 

ホワイトデーというネーミングは「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンの爽やかな愛のぴったり」という考えでつけられたそうです。

また、3月14日をホワイトデーと定めた理由は「269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉職をしたが、その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて愛を誓いあったと言われることに由来する」とされています。

 

 

ホワイトデーには何をお返ししたらいいの?

 

ホワイトデーにお返しとして人気なのはお菓子です!

お菓子業界の作略にまんまとハマってますね…笑

 

その中でもよく選ばれるのは、マシュマロ・クッキー・キャンディーでは無いでしょうか?

 

しかし、贈るプレゼントにも意味があるようにお菓子にも意味があるって知ってましたか?

もしこの意味を知らずに贈ってしまうと、大変なことになってしまいます〣( ºΔº )〣

しっかりチェックしましょう!

 

マシュマロ:あなたが嫌いです

クッキー:友達でいて下さい

キャンディー:あなたが好きです

 

知らなかったー!

ホワイトデー=マシュマロと思ってた…

だって白いし←

 

他のお菓子の意味や詳しく知りたい人はこちらをどうぞ♪

ホワイトデーに贈るお菓子に意味があるって知ってましたか?

 

義理チョコにはクッキーでお返しするのがいいでしょうね(^^)

 

 

日本のホワイトデー事情

 

1970年代後半ごろに女性が男性に親愛の情を込めて本命チョコを贈る日としてバレンタインは定着していき、そのアンサーデートしてホワイトデーが作られました。

日本では古くから何か頂くと「お返し」をすると言う習慣があります。

結婚祝い・出産祝い・お中元・お歳暮・お香典・お見舞い・年賀状もお返しをしますよね?

半返しという言葉があるほど、日本では「お返し」をするというのが当たり前となっていることから、バレンタインデーのお返しをする日としてホワイトデーも定着していきました。

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

海外のホワイトデー事情

 

日本で生まれたホワイトデーですが、中国・台湾・韓国などの一部のアジアの国でも定着しています (^^)

特にお隣の韓国は、毎月14日は恋人の記念日とされています!

2月3月はバレンタインデーとホワイトデーなのですが、4月はその2つに何ももらえなかった人たちが黒い服装に身を包み、真っ暗な食べ物であるジャンミョン(韓国風のジャージャー麺)を食べるブラックデーという日があります。

この後も恋人に因んだ記念日があり、全部見てみると面白いですよ(笑)

 

この一部のアジア以外はホワイトデーというものがありません!

それはバレンタインデーが女性から贈るというものではなく、男性からも贈られるからだと思います♪

 

 

《まとめ》

 

いかがでしたか?

ホワイトデーはバレンタインのようなロマンティックなお話はなく商業目的として作られたイベントでした(-_-)

しかしそれでもホワイトデーが定着したのは、日本人の何か頂いたらお返しをするという義理筋を通す考え方があったからなんですね♪

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事がよかったら、シェアして頂けると嬉しいです(^^)


-ホワイトデーのお返し・由来