毎日が記念日

季節や記念日についてのサイトです

SPONSORED LINK

 

健康長寿の豆知識

風邪のときには卵酒が効く!卵酒の簡単な作り方♪

2016/10/25

 

風邪の時に飲まれてきた「卵酒」

うちではよくおばあちゃんが作ってくれていました♪

実は卵酒って江戸時代の初期から飲まれていると知っていましたか?

 

風邪に卵酒

 

昔から慣れ親しんできた卵酒ですが、なぜ風邪のときにいいのでしょうか?

なんだか風邪っぽいっていう時に飲みたくなりますが...習慣かな?(^^;)

今回は、卵酒の効果や簡単な作り方などをご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

なぜ風邪の時に卵酒なの?

 

そもそもなぜ風邪を引くのかという事ですが、原因の約90%はウィルス感染です。

 

日ごろから「バランスの良い食事」「十分な睡眠」「適度な運動」をしていると免疫力が高いため、このウィルスに抵抗することができ、風邪を引きません(^^)

しかし栄養状態が悪かったり、過労や睡眠不足、ストレスなどで免疫力が低くなってしまうとウィルスに抵抗することができず、風邪をひいてしまうのです。

 

この免疫力は体温と連動しており、体温が下がると低下し、体温が上がると上昇します!

体温が1℃上がると免疫力は5〜6倍アップすると言われているんですよ♪

ですので、体を内側から温めてくれる「卵酒」は風邪対策にとても効果的といわれています(^^)

 

 

卵酒の効果は?

 

体を温めて免疫力を高めてくれるというのはわかりましたが、他にも風邪に対して効果や効能はあるのでしょうか?

卵だけは主に「卵」と「日本酒」で作られます。

それぞれどのような効果があるのか見ていきましょう!

 

卵には、人間の体に必要な「8種類の必須アミノ酸」がすべてバランスよく含まれています。

アミノ酸をたくさん摂取することで血液中のアミノ酸濃度が高くなります。

すると免疫力がアップし、細菌やウィルスを撃退することができるのです!

また、卵白に含まれる「塩化リゾチーム」は、殺菌を殺す作用のある酵素で風邪薬も処方されています。

 

昔から「酒は百薬の長」とも言われますが、日本酒にはアミノ酸・ビタミン・ペプチドといった新陳代謝を高めるものや、体に必要なミネラルも豊富に含まれています。

特に日本酒に含まれる「アデノシン」という核酸は血管の収縮を阻害させる作用があり、他のお酒より長く体が温まった状態が続きます♪

また、お酒を飲むことによって寝つきも良くなりますよ(^^)

スポンサーリンク

PC用 アドセンス

卵酒の作り方

 

体を温め免疫力を高めてくれる「卵酒」

少し風邪気味かな?というときには飲みたいですよね(^^)

簡単な作り方をご紹介します♪

 

<卵酒の材料(1人前)>

卵:1コ

日本酒:180ml

砂糖:大さじ1

 

<基本的な卵酒の作り方>

①ボウルに卵を割り、よくかき混ぜる

白目の塊が残っていると口当たりが悪くなってしまうので、軽く泡立つくらいまでよくかき混ぜましょう!

 

②そこに砂糖を加える(甘いのが好きな人は大さじ2でもOK!)

砂糖を加えるとより泡立ちます♪

 

③日本酒を温める

沸騰する直前まで!

 

④よくかき混ぜた卵に温めた日本酒を少しずつ混ぜながら加える

卵に日本酒を注ぐパターンの方が失敗があと的に少ないです!

一気に入れてしまうと卵が固まってしまうので混ぜながら少量ずつ入れるのがポイント♪

 

<簡単!レンジでつくる卵酒>

①卵と日本酒は常温に戻しておく

②ボウルに卵を割り、よくかき混ぜる

③そこに砂糖を加え、よくかき混ぜる(甘いのが好きな人は大さじ2でもOK!)

④そこに日本酒を加え、よくかき混ぜる

⑤マグカップに移して、レンジでチンッ!

500W20秒加熱して、取り出しよく混ぜる!これを3〜5回繰り返して好みの温かさになったら出来上がり♪

※最初からマグカップで混ぜてもOKです!ただしっかり混ぜないと失敗してしまいます...

 

 

子供でも飲めるの?

 

卵酒はアルコールが入るっているため、お子さんに飲ませる際はアルコールを飛ばして作りましょう!

 

<アルコールを飛ばす卵酒の作り方>

①ボウルに卵を割り、よくかき混ぜる

②そこに砂糖を加える(甘いのが好きな人は大さじ2でもOK!)

③日本酒を温め、沸騰させる

沸騰させてアルコールを飛ばします!2〜3分すると十分です♪

⑤日本酒を冷ます

人肌程度まで冷まします。

冷まさずに混ぜてしまうと卵が固まって失敗してしまいます...

④よくかき混ぜた卵に日本酒を少しずつ混ぜながら加える

 

もしくは、日本酒ではなく牛乳で作ってもいいですよ(^^)

牛乳の分量は日本酒と同じ180mlでOKです♪

お子さんにはこちらの方が、いいかもしれませんね。

大さじ1〜2杯だけ日本酒を入れアルコールを飛ばすという作り方もあるので年令によって変えてあげるといいかもしれません。

 

 

《まとめ》

 

いかがでしたか?

 

昔から慣れ親しんできた「卵酒」

風邪薬にも使われてる殺菌作用や体温を上げることで免疫力をアップして、風邪のウイルスと戦ってくれる働きがあります♪

風邪の時に飲まれている理由はちゃんとあったのですね(^^)

 

少し風邪気味かな?というときは卵酒を飲んで、風邪のウイルスに負けないようにしましょう!

また、日頃から免疫力を下げないために「バランスの良い食事」「十分な睡眠」「適度な運動」も大切ですよ(^^)

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

記事がよかったら、シェアして頂けると嬉しいです(^^)

-健康長寿の豆知識